株式会社川本工務店│愛知県│長久手市│土木工事│建設工事│舗装工事│造園土木│石工事│型枠工事│とび工事│解体工事│産業廃棄物収集運搬│リサイクル

株式会社川本工務店
〒480-1167
愛知県長久手市仲田605番地
TEL.0561-63-3333
FAX.0561-62-1947
土木工事業一式・建設工事一式・舗装工事一式・造園土木一式
石工事一式・型枠工事一式・とび工事一式・各工事施工管理一式・
解体工事一式・産業廃棄物収集運搬一式・リサイクル事業
 

解体・リサイクル

 

解体工事

解体工事
 
木造解体工事・鉄骨解体工事・鉄筋コンクリート解体工事において環境・資源に優しい分別解体を行っています。
更に、最大限の再資源化を可能にしています。
現場を囲う養生等も自社にて設置し、近隣住民への配慮を常に考え施工しています。
   
 解体工事の流れ
      一般的な家屋の解体工事の流れですので、建物の状況などにより多少の差はあります。
 
   お見積り

 

 
       1.現場調査        
                  
電話でもおおよその見積もりを出してくれる業者もありますが、調査をすることにより、適正な費用を算出することができます。 お立会の上、建物内部を見せていただけると、より正確な費用を算出することができます。
 
         
  2.御見積書提出                
   
 現場調査に基づき物件に合った工法を御提案いたします。ご確認・納得して頂きましてご契約させて頂きます。
  
 
 
   工事前

 

 
       3.建築リサイクル法届出       
              
延べ床面積が80平方メートルを超える場合は、届出が義務付けられています。 必要な場合は弊社で提出書類を準備させていただきます。
 
 
      4.近隣挨拶  
   

実際に解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。
もちろん弊社でも行いますが、近隣の方にご挨拶しておきましょう。 

 

 
  5.引き込み配管、配線の手配  
 
 
   本工事

 

 
      6.足場養生の組立      
                       
解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。 その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリを防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にします。
 
 
  7.工作物等の撤去  
   
建物から手作業で撤去できるものを撤去します。 (たたみ、サッシ、断熱材、建具、瓦、内部造作、住宅設備機器、石膏ボード、不要品など)
分別して解体することによって再生リサイクル・中間処理を行うことができます。
 
 
  8.建物本体の解体  
   
壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし撤去していきます。 ほこりが飛ばないように、水をまきながらの作業となります。
 
 
  9.廃材の分別・収集・搬出  
   
現場で廃材を木材、鉄、プラスチック、コンクリートガラなど分別を行います。 細かなものは手作業で分別をしながらの作業となります。
分別した廃材はそれぞれ再生リサイクル場・中間処理場に搬出いたします。
 
 
  10.地中の確認  
   
解体終了後、廃材が地中に残ったりしていないか、その下にコンクリートが入っていないか、確認します。
 
 
  11.整地    
   
地面を平らに整地します。駐車場にする場合は砕石などを敷いたり、アスファルト塗装を施します。
 
 
  12.工事完了  
    工事完了です。可能であれば残存物がないか立会いしていただきます。  
 
 

リサイクル

リサイクル
 
社会の持続的な発展のために、天然資源の商品を削減するとともに環境への負荷をできうる限り抑制するしくみを構築することが今強く求められています。
環境対策における専門企業として、環境・廃棄物を捉え、リデュース、リユース、リサイクル、エネルギー回収、適正処理・処分を実現すべく総合的な環境事業を展開してまいります。
qrcode.png
http://www.kawamoto-koumuten.com/
モバイルサイトにアクセス!
007125
<<株式会社川本工務店>> 〒480-1167 愛知県長久手市仲田605番地 TEL:0561-63-3333 FAX:0561-62-1947